理想の営業会議を考える!

理想の営業会議を考える!

営業会議をどのように効果的に実施すればよいか?
営業現場で頭を悩ましているマネジャー達も多いことでしょう。
数値の進捗だけで、メンバーが、ただただ疲弊する会議を繰り返してはいませんか?

まず、ありがちな営業ミーティングでは下記のような特徴があります。
①マネジャーが司会進行となり、メンバーの営業数値の状況を発表させていく。
②数字の達成など「結果」のみを語る場になっている。
③当月の進捗など短期的な視野でしか語られない。

これでは場が活性化せずに、殺伐とした、閉塞感のある営業ミーティングにしかなりません。

理想としては
①メンバーによる司会進行役(ファシリテーター)の実施。
②プロセスにも注目し、工夫、良かった点、改善点などに着目することで、成功の「再現化」を図る。
③中長期的な視点を持った、未来志向型の場を醸成していく。

とすることが望ましいです。
詳細はブログ内にて営業会議のあるべき姿を解説しています。また理想の営業ミーティングが生み出す効果についても触れていますのでご参照ください。

ちなみに、私のブログで過去、閲覧数で、一番人気の投稿になります。

下記、ご参照ください。

↓ ↓ ↓

今、望ましい営業会議のあり方とは?

 

→成果を出す!実践型営業力強化トレーニングのご案内
→営業力強化のポイントに関するコラム一覧
→お問い合わせはコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新著書のご案内

最新著書のご案内

↑↑↑ 最新著書のご案内です!
課長のための「やらない」教科書

関連情報

  • Official Blog
Contents

日々のブログ

日々のブログ

その他のリンク

  • フェイスブック