組織活性化のポイントは課長にあり

人材育成・研修に関わる身として感じることは

組織を活性化させるキーポイントとしては、課長のマネジメント

能力に頼ることが非常に大きいということです。

 

組織をマネジメントする課長は、一定の成果を求められます。

ただ、もちろんですが、成果のみを追求すればよいということ

ではなく、メンバーの育成を同時推進させていくことも忘れてはなりません。

 

言わば、「勝ちながら育てる」とでも言いましょうか。

ただ、勝ちをあまりにも、強く意識するあまり、課長自らが

プレイヤーとなり、メンバーを自身のコピーに仕立て上げるかのように

細部にわたって指導する傾向はよくありません。

ティーチングではなく、コーチング。

あくまで、課長はメンバーと並走し、ゴールまで自走する姿を見守る

気持ちで接することが求められます。

 

決して課長のコピーではなく、独自の個性をベースとした、チームメンバーが育ち、躍動するようなチームは、見ていても楽しいものです。

失敗を重ねながら、らせん階段を上るように、成長するプロセスを間近で見れる課長は、最高のポジションなのです。

 

近年、若い人が「管理職になりたくない」という風潮がありますが

このような、本来の課長としての醍醐味を味あわせてやりたいものです。

 

チームが活気づき、成果を上げ続けるその中心に、課長がイキイキと

マネジメントできる。

そのような、組織が数多く存在すると、日本の景気ももっとよくなるだろうな。

そんなことを考えながら仕事をしております。

 

人材育成コンサルタント  田原洋樹


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新著書のご案内

最新著書のご案内

↑↑↑ 最新著書のご案内です!
課長のための「やらない」教科書

関連情報

  • Official Blog
Contents

日々のブログ

日々のブログ

その他のリンク

  • フェイスブック