「働き方改革」講演会~従業員エンゲージメントとは?~

(講演テーマ)

「働き方改革」の本丸「従業員(市民)エンゲージメント」の向上のために

企業や自治体が「やらなければならないこと」

 

(概要)

「働き方改革」が叫ばれて久しいですが、今まではどちらかというと

「長時間労働の是正」や「非正規労働の待遇改善」といった、制度上の改革が

主なテーマでした。

これからは、中身、つまり「働き方」そのものにフォーカスした、言うなれば

「働き方改革」の本丸に着手することが求められます。

そのキーポイントとなるのが、最近、世界的に話題となっている「従業員エンゲージメント」の

考え方です。

日本ではまだなじみのない言葉かもしれませんが、アメリカのコンサル会社の

調査では、従業員エンゲージメントを高めることで、離職率の減少や、売り上げの増大に

大きく強く影響することがわかってきました。

エンゲージメント、つまり、「企業に対する従業員の自発的な貢献意欲」を高めることで

ただ単に従業員満足度を高めたり、ロイヤリティーを高めたりするのではなく、しっかりと

成果を引き出すことが実証されているのです。

私はこの従業員エンゲージメントは、企業のみならず、地方創生や地域活性化を目指す自治体にとっても

大きなヒントになると考えています。

地域で活躍する人材を発掘し、育成するためには、根底に「地域に対する市民の自発的な貢献意欲」が必要だからです。

企業や自治体に必要な「エンゲージメント」向上のポイントを、人材育成コンサルタントの立場から

分かり易く解説いたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新著書のご案内

最新著書のご案内

↑↑↑ 最新著書のご案内です!
課長のための「やらない」教科書

関連情報

  • Official Blog
Contents

日々のブログ

日々のブログ

その他のリンク

  • フェイスブック