域学連携活動事例(日野市南平商店街)~明星大学経営学部~

昨年度より、東京都日野市にある明星大学経営学部で、特任准教授として、域学連携活動を行っています。

先日は、2年生を対象としたプログラム「多摩ブランド創生」という授業の一環として、日野市南平地区にある、南平南口商店街の視察に、学生とともに行ってまいりました。

30年ほど前は、近隣の大型店とも、お互いの良さを補完しあい、来街者も大型店が出来る前の4倍の

売上を出すなど、大変活性化していたそうです。

その後、店主たちの高齢化や、大型店の閉鎖などもあって、シャッターを閉めるお店も増えています。

 

ただ、一方で、若い人が新しくお店を開業するなど、良い兆しも

見えています。

今後、学生のアイデアを結集し、南平商店街の活性化に向けた課題の抽出と

具体的な取り組み策を考察していきたいと考えています。

 

このような大学と地域との連携、いわゆる域学連携や、産学官の連携に関しては、

学生にとっては大変良い経験となっています。

座学の勉強だけでなく、フィールドワークを通じて、リアルな地域課題に触れることは

コミュニケーション力や仮説構築力、課題解決力など、今後社会に出る彼らにとっては

恰好のジェネリックスキル習得機会につながるからです。

 

私も、実務家教員として、このような取り組みに微力ながら貢献していきたいと思います。

 

明星大学経営学部 特任准教授 田原洋樹

hiroki.tahara@meisei-u.ac.jp

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

オンラインセミナーダイジェスト

最新著書のご案内

最新著書のご案内

↑↑↑ 最新著書のご案内です!
課長のための「やらない」教科書

Contents