リアルな課題で人材育成研修を実施する!

PBLの可能性

最近、人材育成をしたいというクライアント様の要望に、PBL型の研修を提案する機会が増えています。

Project Based Learning あるいは

Problem Based Learning とも言いますが

最近、大学などで取り入れられている、座学型の一方的な講義ではなく、学生が主体となって、リアルな課題に向き合い、それを解決していく学習メゾットです。

私自身、大学の客員教員として、この学習手法を取り入れていますが

新しい教育スタイルとして、注目を浴びています。

 

企業研修の限界

このPBL型手法を、企業の人材育成研修にも応用しようと考えています。背景には、企業を取り巻く環境が、今までになく、問題が多様化・複雑化しており、従来の固定されたテーマでの研修が、それほどマッチングしなくなって来たことがあります。

お決まりの、階層別研修やテーマ別研修では、研修のための研修で、実際に現場で活用できないといった声が大きくなってきたのです。

せっかく高い研修費用を投入するのですから、その成果を

何らかの形として残したいというクライアント様の思いは、当然です。

 

徹底したカスタマイズ【手作り】研修を

上記のような背景で、すべてカスタマイズを基本とした

リアル課題解決研修を実施する機会が増えています。

たとえば、営業力強化というテーマであれば、

実際に3か月間で、某クライアントを攻略する!

というリアルなミッションを掲げ、キーパーソンの攻略~

先方ニーズの仮説検証~アプローチ~企画提案~プレゼン~クロージングと、実際に営業活動を行いながら、その都度で必要な考え方やスキルをインプットしていきます。

研修というよりは、営業ミーティングを開催している印象です。

また、必要に応じて、営業同行もします。

プロジェクトメンバーは5名~最大10名程度です。

成果を追求しながら、営業人材の育成も図っていくというスタンスです。

 

研修会社の新しいカタチ

もちろん、このスタイルは研修会社にとっては、手間暇は

今までの3倍程度かかります。

事前準備や、プロジェクト期間中の活動も負荷がかかります。

講師や研修営業担当とすれば、大変な覚悟が要ります。

だからこそ、小回りが利く、小規模の研修会社でないと

出来ないことであると実感しています。

新しい人材育成研修のスタイルとして。

株式会社オフィスたはらは、企業版PBL型研修に尽力します。

 

株式会社オフィスたはら

人材育成コンサルタント 田原洋樹

人材育成・研修なら 株式会社オフィスたはらへ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新著書のご案内

最新著書のご案内

↑↑↑ 最新著書のご案内です!
課長のための「やらない」教科書

関連情報

  • Official Blog
Contents

日々のブログ

日々のブログ

その他のリンク

  • フェイスブック